【随時更新】AIの定義について引用したい文献

はじめに

分析の案件を受注する際にお客様から「AI(人工知能)って結局なんなの?何ができるの?」と聞かれることがしばしばあります。本来は自社のポリシーとして、「株式会社□□ではAI(人工知能)とは○○と考えています」と定義すべきですが、このような定義がない会社も多いと思います。かくいう私の会社もAIについて統一的見解を示していません。したがって、それぞれの案件担当者がお客様に説明をするのですが、このとき個人的な考えを伝えても説得力もありませんし、細かいことを聞かれても答えられません。そこで、AIの定義を説明する際に引用できる資料についてまとめたいと思います。

引用したい文献

AI(人工知能)とは

個人的にはディープラーニングG検定の公式テキストから引用するのが良いと思います。東京大学の松尾豊教授が理事である一般社団法人日本ディープラーニング協会が出しているテキストで、検定の教科書です。ディープラーニングについてさまざまな領域のエンジニアや研究者、学生などに技術を習得させることが目的であり、過度な宣伝などはなく、AIについて冷静な記述がなされています。このテキストによればAIは「推論、認識、判断など、人間と同じ知的な処理能力を持つ機械(情報処理システム)」となります。

人工知能」が、推論、認識、判断など、人間と同じ知的な処理能力を持つ機械(情報処理システム)であるという点については、大多数の研究者の意見は一致しているといってよいでしょう。しかし、「人工知能とは何か」については、専門家の間でも共有されている定義は未だにありません。なぜなら、そもそも「知性」や「知能」自体の定義がないため、「人間と同じ知的な処理能力」の解釈が、研究者によって異なるからです。

浅川 伸一,江間 有沙,工藤 郁子,巣籠 悠輔,瀬谷 啓介,松井 孝之,松尾 豊. 深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト.

人工知能学会も似たような説明をしていますが、こちらはいまひとつ要領を得ません。

人工知能」とは何だと思うでしょうか?まるで人間のようにふるまう機械を想像するのではないでしょうか?これは正しいとも,間違っているともいえます.なぜなら,人工知能の研究には二つの立場があるからです.一つは,人間の知能そのものをもつ機械を作ろうとする立場,もう一つは,人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする立場です(注1).そして,実際の研究のほとんどは後者の立場にたっています.ですので,人工知能の研究といっても,人間のような機械を作っているわけではありません.

(社) 人工知能学会(https://www.ai-gakkai.or.jp/whatsai/AIwhats.html).

総務省情報通信白書では現状を分析し、あえてAIについて定義を置いていません。

例えば、人工知能(AI)を「人間のように考えるコンピューター」と捉えるのであれば、そのような人工知能(AI)は未だ実現していない。また、現在の人工知能(AI)研究と呼ばれるほぼ全ての研究は人工知能(AI)そのものの実現を研究対象としていないことから、人工知能(AI)とは各種研究が達成された先にある、最終的な将来像を表現した言葉となる。ここで例示した、「人間のように考える」とは、人間と同様の知能ないし知的な結果を得ることを意味しており、知能を獲得する原理が人間と同等であるか、それともコンピューター特有の原理をとるかは問わないとされる。また、人工知能(AI)とは「考える」という目に見えない活動を対象とする研究分野であって、人工知能(AI)がロボットなどの特定の形態に搭載されている必要はない。 このような事情をふまえ、本書では人工知能(AI)について特定の定義を置かず、人工知能(AI)を「知的な機械、特に、知的なコンピュータプログラムを作る科学と技術」と一般的に説明するにとどめる。

総務省 平成28年版 情報通信白書(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc142110.html).

AI(人工知能)は何をする?

それでは,実際の研究ではどのようなことをしているのでしょうか?人工知能の研究には,人工知能研究で紹介しますようにいろいろな分野があります.ここでは,この中から「推論」と「学習」を取り上げます.

「推論」とは「知識をもとに,新しい結論を得ること」です. 「学習」は何か機械が勉強をする感じがしますが,ここでは「情報から将来使えそうな知識を見つけること」です.

(社) 人工知能学会(https://www.ai-gakkai.or.jp/whatsai/AIwhats.html).

おわりに

AIの統一的な定義はありません。このことはMLSEキックオフシンポジウムのアンケートの回答が的を得ています。

またAIの宿命として、技術が成熟すると、その技術は世間ではAIとは呼ばれなくなります。機械学習も遠くない将来、AIとは呼ばれなくなると予想されます。しかし,その場合でも機械学習自体は重要なシステム開発技術の一つとして残るでしょう。 機械学習工学研究会

AIは時代時代によって指すものが変わってきました。最初は簡単なルールベースのアルゴリズムから始まり、最近はディープラーニングを指すようにまでなりました。AIという言葉に惑わされず、中身に注目するようにしたいですね。